エンジンオイルのseibunと添加剤の役割

 
 
エンジンは金属だけでなくゴムも使われています。
そのゴムは、走るほど熱せられ、また冷やされることを繰り返すことで、 柔軟性を無くし硬くなっていきます。
硬くなったゴムは、オイル下がりやオイル漏れを引き起こします。 そのゴムを復活させ、オイル漏れ防止とオイル下がり防止を目的とした添加剤がシールマックスです。
バブルシールの劣化



シールマックス使用の比較


ゴムの硬化が進むと、ゴムシール部分からオイル漏れが始まります。

バルブシール部分から漏れ始めると、オイル下がりとなって、白い煙を吐き始めます。 こうなってからでは手遅れです。
10万kmを越えたエンジンは専用オイルを使うことで、煙はきやオイル漏れを防止することが可能です。


あなたの愛車は何年物ですか? 走行距離はまだ大丈夫ですか? 10万kmを越えてませんか?


悪くなってからでは遅い!トラブル防止にGT-1、ハイマイレージがおすすめです。

ハイマイレージ
シールマックス配合ハイマイレージ 10W-40をみる>>