プラグに汚れ(カーボン)が付かないのはと500℃〜800℃でプラグのカーボンが自然に燃焼しきれいになります。これ以上の温度だと、プラグは焼けすぎて電極が溶け、それ以下ではカーボンが付着し失火の原因になります。

 

一般プラグ・白金プラグ・イリジウムプラグの交換距離の目安
四輪車 15,000〜20,000km
軽四輪車 7,000〜10,000km
二輪車 3,000〜5,000km

 

白金プラグ(長寿命タイプ)・イリジウムプラグ(長寿命タイプ)の交換距離の目安
四輪車 〜100,000km

 

プラグを取り付ける時、固着防止でプラグを外しやすい様に、ネジ部にモリブデンなどを塗る方がいます。

(絶対使用しないでください。滑りが良すぎて締め付けすぎの原因になります。)
焼き付き防止剤が、絶縁体に付着する場合があります。これも加熱すると絶縁抵抗を低下させミスファイヤーを起こさせます。

 

エンジンが不調かな?と思ったら、まずはプラグの点検から始めることをお勧めします。