ブレーキメンテナンス

ブレーキキャリパーの仕組み ブレーキフルードの仕組み

ブレーキの点検といえばパッドの点検を考えますが、ここではオイルシールとダストシールを考えてみましょう

ブレーキをはなすと 自動的にブレーキは戻りますが、これはとても簡単な理由でもどっています。

 

ブレーキピストンの周囲にはゴムシールが2つあります。一つはオイルシールです。もちろんブレーキフルードが漏れ出ない様になっています。もう一つがダストシールです。ダストシールはブレーキの粉や砂などが入り込まないようにシールしているのです。


この働きと別に 油圧で出たピストンを引き戻す役目もしています


乗用車の場合 ダストシールはピストンをおおうように取り付けられていてゴミが入りにくくなっていますが、バイクの場合 小型のキャリパーはこの部分にゴミが付着しやすくブレーキの効きを悪くしてしまいます。

 

長年ブレーキフルードを交換しないでいると、 ピストンはさび付き 右画像のようにゴミがたまりゴムシールの動きを妨げます。

 

パッドだけでなく ブレーキフルードがいかに大事かがわかります。ですからブレーキの分解整備は車検のときにするのが望ましいですね。