ATF とは?オイルの中身

変速ショックは湿式クラッチ部が動くときに発生しています。
オートマチックオイルには、摩擦調整剤がは入っていて

ギヤが変わるときにスムーズな動きと確実な力を伝えることを可能にしていますが、

長期間使っていると、オイルがエンジンオイル同様に劣化してしまいます。

高温、汚れ、粘度の低下等により劣化が進行し、摩擦特性にも大きな影響を与えるようになってきます。

そのため、ATFが劣化すると変速ショックも大きくなると考えてもいいでしょう。

ATF交換はいつする??

コンバーターATFが劣化すると DやR(バック)のレンジにギヤを入れると

「ガクッ」とショックを感じ始めたら交換しましょう。

発進時の加速が落ちたかなーとか

または、下記にも掲載していますが、ATFの交換方法によりこの頻度の見極めは変わ20000km走った時点で交換は必ずしましょう!

ATFオイルはエンジンオイルと同じように、必ず、劣化します。

エンジンオイルでは、劣化すると、燃費が悪くなったり、エンジンの音が大きくなったりと比較的わかりやすいのですが、オートマチックの場合は、これがわかりにくいのです。

 

わかりにくいから、まだ使えると思います。

 

だから10万kmも交換したことが無いという車は沢山ありますが燃費や走りが悪くなっても
エンジンオイルが悪くなったからと勘違いをしてしまう人もいます。

ATFも必ず、定期的に交換しましょう!

新車購入で最初のATF交換を

新車購入後慣らしを終えてどうしてもエンジンオイルに目が向きますが ATFも忘れずに、最初の1回目は早い方がいいと思います。

A/T中は鉄分やクラッチのカスがとにかく溜まります。

これは、製造時にパーツを洗浄して組んでいるわけではありませんから、この金属の粉が沢山付着しています。金属の粉は部品の微小なバリや熱処理による酸化鉄が多いのです。



これらがATFと混ざりスラッジを形成させます。



特に油圧回路内部のシフトバルブは 数十umのスラッジや異物でも動作不良を起こすので大敵です。 一応フィルターで異物進入を防いではいます。

ATFフィルタにゴミがたまってくると 、 今度はATFが流れにくくなり、結果として 変速タイミングのズレ(メカと電気信号)や変速不能になってしまうわけですね。

ATF交換が必要がという事が一般的ではなく、周知徹底されていないことが原因です。

オートマチックが不調にならないよう、エンジンオイル同様定期的に交換が必要でしょう。

ATFを交換すると、壊れるってホント??

よく聞く話が、ATFを交換するな!とか、交換すると壊れる。とか聞きます。
これはホントでしょうか??

実は、ホントであり、ウソでもあります。

昔のミッションは、メンテナンス性が非常に悪く、オイルの通るラインはクモの巣の様になっていて、そのオイルの通路を交換する際に、金属粉などがふさいでしまい、焼き付くというもの。

確かにそれは正解!ですが。

現在の車には当てはまりません。

昔はATFは交換するのなら早い段階から定期的に交換するか、しないならば、壊れるまで無交換のままでいてくれた方がメーカとしてのリスクが低い。だってメーカー保証が切れますもんね:-)

整備士の腕にも関係がある。

ATFの交換の方法によるもので、ATFを交換する事によってA/Tの調子が悪くなるはずがありません。
悪くなるのは、交換の方法が悪いだけです。

 

考えても見てください。

 

エンジンオイルは交換すると、エンジンの調子もよくなる。

それに対し、ミッションは交換すると、不調になるのはおかしいでしょ??

ミッションは進化しています。

それに伴って、ATFも進化しています。

だから、ATFを交換すると、壊れると言うのは、昔の話。 ATF交換を前提としたAT設計となり、ATFを交換するのも、機械がやってくれるようになり、整備士の技術は必要なくなりました。

循環吸引方式

圧送交換方式

オートマチックを長持ちさせるには

交換をまず早くしましょう。(これが重要)、

オイル量を見るための ATFレベルゲージだってあります!

エンジンオイル同様必要なのですよ。

慣らし運転をして、エンジンオイル交換!

このときにエンジンオイルだけでなく、このATFも結構気にしてもらいたいのです。

とにかく 「新車購入後の初回」は「エンジンオイルより優先」 で
初期なじみのスラッジや鉄粉を洗い流して交換することをぜひお勧めしたいです。